zippojean

Zippo , Jeans , etc…

Levi's 501Skinny Long Day Rigid 着用11ヵ月経過と2度目の洗濯

 

f:id:zippojean:20180519015427j:image

501スキニーロングデイリジッド着用11ヵ月経過と2度目の洗濯記録。

 

前回の初洗濯から1ヵ月。

やはりこの1ヵ月は日中気温が高い日が多く、結構汗をかいたので洗濯は不可避。というかもう我慢出来ない。

 

初洗濯以降、やたら湧いてくるこの洗濯欲はそれまでの無洗濯期間の反動が原因なのだろうか?とりあえず秋頃までは月1かそれ以上洗っても良いかなと思っている。まぁこればっかりはその時の気分次第。

 

さて、現在の着用時間は約2200時間。

今となってはこの着用時間の正確性もかなり怪しいけれど、一応ね。

 

 

洗濯方法は、いつもの様に洗面台にお湯を溜め、裏返したジーンズとそこらにある洗剤を投入、何度かお湯を代え、洗濯機で軽く脱水のコース。

ただ今回は自然乾燥ではなく、乾燥機を使ってみる事に。

 

僕は以前、606とプチニューを乾燥機にかけた際に付いた畳みジワが中々取れなくてかなり後悔した事があり、それ以来乾燥機の使用は避けていたんだけど、もはやスキニーでも、ロングデイでも、ましてとっくにリジッドでも無くなったこのジーンズをせめてスキニーと呼べる位にまで戻したい一心で久々に乾燥機に入れるのを決意した。というかロングデイって何だ?

 

 

最初は50分程回すつもりでいたんだけど、こんな事に500円も使うのが勿体なく思えたのでケチって20分にした。

f:id:zippojean:20180513200527j:image

そして乾燥後、気になるのは色落ちなんかよりも縮んだかどうか。

 

 

が、結論から言うとサイズ変化はほぼ皆無。おい200円返せ。

 

 

 

【写真色々】

 

フロント

f:id:zippojean:20180517082846j:image

左右でアタリのつき方が微妙に違うのが気持ち悪いが、僕は何かそういう変な動きをする奴なんだろう。

比較的ライトオンスな為か、生地のハリやコシはあまり感じられない(正直ペラい)が、通年穿く事を考えるとこれ位が丁度良いのかも。

 

 

ケツ

f:id:zippojean:20180517083023j:image

明らかにサドルが見えて来た。

特に股部分の生地がかなり削れてしまっていて、洗濯後もヘロヘロ。よく見るとほつれそう&既にほつれている箇所があちこちに。

それに比べてこの革パッチは安っぽいけど頑丈そのもの。

 

 

コインポケット

f:id:zippojean:20180517083112j:image

自ら蒔いた悩みの種。

ここをどうやってリペアするかずっと考えてはいるが、ロクな方法が思い浮かばないままここまで来てしまった。しかもよく見るとヒンジが当たる箇所まで破れかけている。いよいよヤバいな。  

 

 

ハチノス

f:id:zippojean:20180517083257j:image

ここは意外とダメージは無さそうで、一安心。

 

f:id:zippojean:20180517084259j:image

この辺ちょっと汚いな。ロールアップの跡やらクッションの跡やら。

それにしてもパッカリングって何で良いと感じるんだろう?単なるシワの色落ちなのに。

分からんけど好きだ。

 

全体

f:id:zippojean:20180517084320j:image

f:id:zippojean:20180517084331j:image

とりあえず朝起きて何も考えずに穿くのがこのジーンズなので、コイツに対する思い入れや愛情みたいなのがかなり薄れてきた。それってとても退屈な事だけど、僕が本来ジーンズに求めていた事でもある。

飽きてきたのは馴染んできた証拠だと思いたい。

 

 

 

 

着用は続く。

f:id:zippojean:20180513100256j:image

 

後、乾燥機は2度と使いません。

それを確認出来た回でした。

 

RESOLUTE 710をオーバーサイズ、洗濯控えめ、乾燥機無しで穿く

f:id:zippojean:20180413083144j:image

以前から興味のあったジャパンメイドのジーンズブランド、リゾルトを購入した。

 

選んだのは、4型ある中で最も定番の710というモデル。

 

ゾルトと言えば、ウェストキツめ・レングス短めのサイズ選びをデザイナーである林氏が奨励しているのは皆さんご存知の通り。

f:id:zippojean:20180414153903j:image

洗濯方法も、“頻度高め・表向きで洗濯機に入れ、更に表で乾燥機に入れる”という方法を氏は勧めている。

 

 

しかし僕はこの710をオーバーサイズで洗濯も控えめ、乾燥機も使わずに穿いていこうと思う。

 

何でって?

 

それはリゾルトを穿いている人の殆どが林氏の提唱する似合っているのかどうか定かではないサイズ選びを盲信し、パラブーツとセントジェームスでオシャレになったと勘違いした、いけ好かないゾルト教の信者連中に一石投じる為…

 

ではなくて、単に試着時にサイズを上げた方がしっくり来たのと、洗濯方法もこれまでと特に変える気がないので、タイトルの通りになってしまったというだけで、深い考えなど1ミリも無い。もしかするとめっちゃ洗うかも知れないしね。

 

 

ま、各々好きにすれば良いんじゃない?

 

f:id:zippojean:20180414130558j:image

 

f:id:zippojean:20180414130935j:image

 

f:id:zippojean:20180414130617j:image

 

f:id:zippojean:20180414130624j:image

 

【着用】

170cm・58kg /  30×31inch

f:id:zippojean:20180414174526j:image

ジャストの28インチから2サイズ上げてギリギリベルト無しで穿けるサイズ。

このタイトでもなくワイドでもない中途半端なシルエットがファッション的にイケているのかどうかは知らないけど、自分はこの少し余裕があるサイズがとても動き易くて気に入っている。たかがジーパン。ノープロブレム。

 

ただ元々綺麗なシルエットのジーンズだし、サイズを上げてもそれ程野暮ったくは無いんじゃないかな。

 

 

洗濯に関しては、控えめとは言え501sの様に10ヶ月も洗わないなんて狂気じみた事をするつもりはもう無いので、頃合を見て適当にやるつもり。この生地感・色味がかなり好きなので、濃紺の期間を長く楽しめたらなぁと思う。

 

 

 

Levi's 501Skinny Long Day Rigid 着用10ヶ月経過と初洗濯

f:id:zippojean:20180408110349j:image

501s着用開始から10ヶ月、時間にして約2000時間での初洗濯。

 

正直な所、この一ヶ月は結構キツかった。

10ヶ月もの間洗濯しなかったジーンズは、まるで濡れおかきの様にしっとりと、そしてベタベタとしたもはやジーンズではない何かに成り果て、それを穿く度に生地が僕の脚にワカメの如くまとわりつき、自分のやっている事への疑問は日に日に募っていた。

 

しかし、この自分自身に嵌めた限界まで洗濯を我慢するというよく分からない枷からとうとう解放される時が来たのだ。

 

天気の良い休日。

洗面台に溜めたお湯に裏返したジーンズと洗剤を入れ、軽く揺する様に洗う。

お湯は一瞬にして、完全に落としきれていなかったであろう糊、流れ出したインディゴ、蓄積した汚れが混ざり合い、謎の混合液の様なヤバい色に変わり、こんな汚いズボンを今まで穿いていた事を今更ながら再確認。気持ち悪いので一旦お湯を抜き、またお湯を溜めては洗う、を数回程繰り返したら、風呂場にてシャワーですすぎ、洗濯機で短時間脱水。後は裏返しのまま逆さにしてベランダで干して、完了。

 

いつもとそれ程変わらないやり方。

でもここまでかなりハードに穿いた分、少しだけ丁寧に洗ってやったつもり。

 

 

そして乾燥後。

 

f:id:zippojean:20180414165819j:image

 

f:id:zippojean:20180414165829j:image

何も変わっていない。

 

まぁ分かりきっていた事だけど、やはりたった1回の洗濯では代わり映えなど無い。シワシワだった所がフラットに戻り、少し軽くなった程度かな。それにしても洗濯直後だというのに何だろう、この漂う薄汚なさは。

アジが出てきたと言うよりも、ボロくなっていっている気しかしない。

所謂経年変化やらエイジングと言われるモノとは違う方向に向かっているような。

大丈夫かこれ。

 

 

一応洗濯前と後で各部の寸法を測り、以前の採寸結果とも比べてみたので、興味ある人はどうぞ。

 

数字は【リジッド→糊落とし時→10ヶ月着用後→初洗濯】の順。

 

エスト: 79・72・79・78

ヒップ   :  95・90・94・94

股下      : 75・70・71・71

股上      : 26・26・26・26

渡り幅  :26・23・26・25

裾         :16.5・16・16.5・16.5

 

驚いたのは10ヶ月の着用でほぼリジッド時のサイズにまで伸びてしまっていた事。そして今回の洗濯である程度糊落とし時のサイズにまで戻ると予想していたのが、殆ど戻らなかった事。長期間洗わずに着用していたのが原因なのだろうか。何度も言っている事だけど、このサイズ感ではベルトが無いとそのままズリ落ちてしまうので、次の洗濯でもう少し縮むのを期待したいのだけど、どうなるやら。それかもう乾燥機にでも突っ込むか。

 

 

 

【初洗濯を終えての感想】

気分的にはスッキリしたものの、ここ数ヶ月不満だった穿き伸びが解消されず、オマケに色味も変わっていないという何とも消化不良な結果に終わった。

全体に相変わらず茶色がかっていて、正直汚れが落ちた気がしないし、これからどんどん暖かくなってきて汗もかくだろうから、これ以降は洗濯の頻度を一気に上げようと思う。

Burgus Plus 2nd Type Trucker Jacket購入

f:id:zippojean:20180318172056j:image

以前からGジャンを買うなら2ndタイプが良いなぁ、なんてぼんやり考えてアレコレ物色はしていたんだけど、中々自分好みの物が見つからず、悶々とした日が続いていた。

けれどついこの間、たまたま入った“HINOYA(ヒノヤ)”というアメカジ系の服を扱うお店でこれだと思える物をようやく見つけたので紹介したい。

 

このHINOYAというお店、どうやらかなりの老舗の様で、恥ずかしながら僕はこれまで全く知らなかったんだけど、本店は東京・上野にあるジーンズをメインに扱うアパレルショップで創業は1949年との事。そしてそのヒノヤオリジナルブランドであるBurgus Plusも2017年に生誕20周年を迎えたらしい。

僕が立ち寄った大阪のお店もジーンズの品揃えが豊富で、主にジャパンメイドのジーンズが数多く並んでいた。

Sugar Cane,Iron Heart,Ware house,桃太郎ジーンズ,鬼デニム,そして今回紹介するBurgus Plusのジーンズ等々。

デニム好きな方なら見るだけでも楽しいかも。個人的にはWare houseのジーンズが気になった。

 

で、何故2ndタイプのGジャンなのかと言えば、シンプルにカッコいいと思ったから。1stはポケットが一つしか無くて不便そうだし、3rdはありきたりかなーって事で。

 

全体↓

f:id:zippojean:20180318172937j:image

f:id:zippojean:20180318172949j:image

リーバイスの2ndタイプのデザインを踏襲しつつ、アームホールと身幅は細身にモダナイズされている。かと言ってシェイプされ過ぎている訳でも無く、2ndならではの野暮ったさは残っており、その程良いバランスが絶妙で、多くの日本人の体型に合うパターンなのかなと。

僕は他にもLVCを筆頭に、他ブランドのGジャンもあれこれ着てはみたけど、やっぱり体型に合わない物が多く、古着のトップス類を試着した時の絶望感を久々に味わって、なんじゃこりゃ!って状態だった。まぁガッチリした体型の人ならそういうのも似合うんだろうけどさ。

ザ・日本人体型の僕は断然こっち。

 

生地アップ↓

f:id:zippojean:20180319010705j:image

独特のネップ感と毛羽立ちが良い感じのワンウォッシュ生地。

表記は14ozだけど、何故かそれ以上ありそうなゴワゴワ感。

 

 

革パッチとタグ↓

f:id:zippojean:20180318173015j:image

ひび割れた飴色のパッチが既に良い雰囲気。

その下のタグにはピュアインディゴの文字。これは多くのジーンズが染料に合成インディゴを使っているのに対し、わざわざ手間とコストのかかる天然藍を使用してますよって事。だからってお前は違いが分かんのかよって聞かれれば、今の所分からない。

色落ちが進めばその違いが分かってくるのだろうか?

 

今後に期待。

 

因みにこのタグは引っ張ったらキレイに取れた。

勿論そのままでも大丈夫だろうけど、普通考えて邪魔だし、すぐにボロボロになりそうだったので外してしまった。

 

2色のセルビッジ↓

f:id:zippojean:20180318173045j:image

左右で赤と緑のセルビッジになっている。どうやら赤と緑はバーガスプラスのイメージカラーらしい。こういう分かりにくいけどちょっとした遊び心にはグッとくるもの。

 

ボタン↓

f:id:zippojean:20180318173110j:image

ボタンワークスに依頼して作ったという物。素材は何だろう?

黒ずんでくれると良いんだけどな。

 

 

 

【着用イメージ】

身長170cm 体重58kg サイズ38(M)

f:id:zippojean:20180318173205j:image

めちゃめちゃ分かりにくいですね。ほんとすみません。自撮り難し過ぎます。

下半身だけの方が楽だ。

サイズに関しては36(S)でも着れたけど、中にニットやらスウェットを着た状態だとちょっとタイトかなーという感じだったので、大きい方を選んだ。

それでもオーバーサイズってワケでも無く、適度なゆとりがある。

 

後、色落ちについてはネットの様々なGジャン着用レポートを見る限り、遅いのは明らかで、僕自身も次のレポート・初洗濯がいつになるかは未定。多分かなり先になりそうで、むしろそれまでこのブログを続けているかどうかの方が怪しい。

まぁ何かしら変化があればまた書こうと思う。

 

 

【Gジャンの良さ】

動き易く、快適な着心地なのかと言われればそうでも無い、温度調節に向いているのかと言われればそうでも無い。

ライトアウター購入を検討しているなら他の選択肢の方が良い場合が多いかもしれない。

だけどこういう物を徐々に自分に馴染ませていく感覚は、やはりデニム素材が図抜けている様に思う。

そしてデニムを着るというのは、ジーンズを穿くのとはまた違う楽しさがある。

f:id:zippojean:20180321192222j:image

機能性に優れた物も良いけれど、こうした自分の気分を上げてくれる物には何か不思議な魅力があるように思う。

 

 

 

Levi's 501Skinny Long Day Rigid 着用9ヵ月経過

f:id:zippojean:20180317131930j:image

リーバイス501スキニーロングデイリジッドの着用9ヶ月経過記録。

 

ジーンズは適度に洗った方が良い。

そんな事はもはや常識であり、数ヶ月洗わずにハードに穿き続けるなんてのはジーンズの寿命にも衛生的にも悪影響なのは考えるまでも無い。

 

このジーンズ9ヶ月洗ってないんだ!

 

なんて他人に言おうモノなら顔をしかめられ、鼻を覆われるだろう。

 

でも、もうここまで来たら行ける所まで行ったろかい!みたいな気持ちになったので、今月も洗濯は見送り。

いや、分かってるよ?汚ねージーンズだって事くらい。

 

 

【写真アレコレ】

フロント↓

f:id:zippojean:20180317135446j:image

だいぶそれらしくなってきたけど、ポケット下は未だにぼんやりしたままで、これ以上穿き続けても鋭いアタリにはならなさそうな雰囲気。

これ何でだろ?とずっと思っていたんだけど、恐らくスレーキの影響だと思う。

このジーンズのスレーキは何故か606やプチニューと比べて分厚いのに気が付いた。パッと見でもその生地はしっかりしている様に見える。(冒頭の写真をもう一度ご覧あれ。)

要はポケット下の部分だけその厚い生地が重なっているのでここは鋭いアタリになりにくいのではないだろうか。

 

だから何なんだって話だけど。

 

 

ケツ↓

f:id:zippojean:20180317135613j:image

ケツポケに関しては常に何か入れっぱなしという事が無いので特に何もナシ。サドルの色落ちも意外に無い。

 

膝裏↓

f:id:zippojean:20180317140712j:image

中々落ちないここも少しは見えてきた様な。そろそろハチノスと呼んでも…いや、まだだな。

 

膝↓

f:id:zippojean:20180317140845j:image

シームを跨ぐヤツ。これがもっとハッキリ見えたらカッコいいだろうな。

 

裾↓

f:id:zippojean:20180317140952j:image

パッカリングは程々。

クッションの跡も少し。

 

コインポケット↓

f:id:zippojean:20180317141134j:image

いよいよヤバい。穴がデカくなってやがる。ここはもう時間の問題か。

洗濯したらすぐに何かしらのリペアをしないと。

 

全体前↓

f:id:zippojean:20180317141259j:image

こうして見るとコインポケットだけやたらダメージの進行が早く、浮いている。

でも今更どうしようもない。

タバコ吸い過ぎ?

 

全体後ろ↓

f:id:zippojean:20180317141339j:image

写真では分かりにくいけど、全体的に茶色がかって来ていて、妙な不潔感を放っている。

 

 

現在のトータルの着用時間は約1700時間。

多分ここから1ヶ月が限界だと思う。ジーンズも何だか重たくなってきたし、ベタつきももう耐えられない所まで来つつある。かろうじて臭いは無いけれど、もしかすると自分では気付かないだけなのかも。

 

という訳で来月は間違いなく洗濯する。

 

 

 

Vintage Zippo #3

f:id:zippojean:20180309023754j:image

ヴィンテージジッポー第三弾。

 

今回もシンプルな無地ケース。

 

以前の♯1と同じく、ボトムスタンプから大まかに1946年〜1953年製造と思われる物。

f:id:zippojean:20180307155105j:image

このスタンプを持つジッポーには様々なパターンがあり、製造年を特定するのは中々難しい。

正直な所、僕自身も分からない事が多いんだけど、だからこそ、この刻印の年代には惹かれてしまう。

とりあえず見ていこう。

 

 

ケース。

f:id:zippojean:20180307023806j:image

57mmの3バレルブラッシュクローム

ジッポーコレクターの方ならこれで年代はお分かりの筈。

 

まず、1946年〜1947年製はケースの素材がニッケルシルバーで、サイズも58mm。これは内部を見る限りブラスの上にクロームメッキがかけられているので、1948年以降のケースと言える。

 

次にヒンジ。

f:id:zippojean:20180307155307j:image

3バレル。

1949年後期からはヒンジが現行の5バレルに変更されるのでそれ以前の年代という事になる。

因みに、このバレル幅にも2パターンあって、真ん中が長いセンターロングと呼ばれる物と、等間隔の物がある。

これは等間隔。

 

上記の事から、このジッポーは恐らく1948年〜1949年前期製造の物と判断するのが妥当だろう。

 

インサイドユニット。

f:id:zippojean:20180307084437j:image

これ以上年代を特定するのは多分無理だけど、このインナーは良い。

通常ジッポーのインナーはステンレススチールが基本だけど、これはニッケルシルバー製。独特の飴色が特徴的で好きな人も多いと思う。

先程も書いた通り、これ以前はケースにもニッケルシルバーが使われていて、戦争時のブラス不足により、ジッポー社が一時的に用意した素材で、これはその残りをインナーに流用したものと思われる。

 

とは言え、46〜47までとは形状が違う新型のインサイドユニットで、この形は現在までほぼ変わらない。

現行と違うのは刻印・フリントホイールリベット(中空)・カムスプリング(波型)位か。

 

フルニッケル(このモデルよりも古い年代のモデル)も欲しいんだけど、そこまで行くと一気に値段が上がるから中々手が出せないんだよなぁ。

なので今回はとりあえずこれで妥協したとかしなかったとか。

 

 

写真色々↓

 

f:id:zippojean:20180308021923j:image

少し分かりにくいけど、リッドがガッツリヘコんでしまっている。

このお陰?で少し安かったんだけど、それでもリペア箇所の無いフルオリジナル。

 

f:id:zippojean:20180308022104j:image

フリントホイールは斜め歯でリベットは中空。この微妙な違い。正に自己満足。

 

f:id:zippojean:20180308022242j:image

リッドが180°に開くのも何だか良い雰囲気。

 

f:id:zippojean:20180308023214j:image

ニッケルシルバーの質感と3バレルの存在感が何とも言えない魅力をかもし出している。気がする。

 

f:id:zippojean:20180309023931j:image

これでしばらくは酒が飲めそうだ。

 

 

A.P.C Petit New Standard Jeans着用中止

f:id:zippojean:20180210214546j:image

もしA.P.Cプチニュースタンダードの色落ち記録を期待してこのブログを読んでいる方が居るなら悪いが、これにてプチニューの着用を止める。

というかもう随分前から穿いていない。

 

理由は

 

 

タイト過ぎてしんどいから。

 

 

それだけ。

 

 

 

【ここまでの経緯とこれから】

f:id:zippojean:20180210214617j:image

着用頻度こそ低かったけど、購入から約1年経過したプチニュースタンダード。

かねてからこのジーンズに関してはサイズミスだと思っていた。

そもそもが試着もせず、ネットで購入したのが失敗で、購入時から既にやらかした感はあった。

だけど、せっかく買った物だし何とか穿き続けたいという思いでここまで頑張ってはみた。でも、このタイト過ぎるサイズ感にとうとう疲れてしまった。

 

穿いていればいずれ馴染むと思っていたキツいサイズ感も、さすがにちょっと小さ過ぎたか、1年経った今でもポケットには何にも入らないわ、動きにくいわで、いつしか服を選ぶ際にプチニューが選択肢から外れる事が多くなっていた。

 f:id:zippojean:20180227001917j:image

ただ、急激に太ったとかでは無いので、まだ穿けるのは穿けるんだけど、501sと606等の少しゆとりのあるジーンズに慣れきってしまったというか、そういうサイズ感のジーンズの方が自分に合うと今更ながら分かった。

クロスバイクに乗る様になったのも一因あって、自転車に乗る時にあのタイトなジーンズはかなりしんどい。

細いジーンズは割と好きだけど、最近は服装が楽な方にシフトしつつある。これも歳なのかね。

 

 

タイトなジーンズに僕というなまくらボディはねじこむべきでは無かったんだ。

 f:id:zippojean:20180226235326j:image

で、もう穿かないならリサイクルショップ等に売り飛ばす事も考えたけど、こんな中途半端にボロいジーンズなんか売っても小銭にしかならないだろうし、それなりに愛着もあるのでとりあえずは手元に置いておこうと思う。

勿体無いけど、今穿いているジーンズが破れたらリペアの材料にでもするつもり。

 

そうすれば、このジーンズも少しは浮かばれるだろう。

 

 

とりあえず一年間ありがとう、プチニュースタンダード。

 f:id:zippojean:20180226235235j:image

 

 

【プチニュー再購入】 

てな訳で買い直した。

ジーンズは他に2本あり、それで十分事足りているので、別に今買い直す必要は全く無かったんだけど、何となく新しいのを手元に置いておきたかったので買ってしまった。

 

そして今回はワンサイズ上げた27インチを選んだ。

f:id:zippojean:20180211114429j:image

ただ、やっぱりすぐに穿き始める気にはなれなので、あくまでストックとして置いておく。

 

 

   

【A.P.Cジーンズのサイズ選び】

f:id:zippojean:20180211115024j:image

これに関して良く言われているのは、ウェストボタン上二つが閉まらない位が丁度良いという事。

これは穿き伸びを考慮し、キツめを選ぶ事で後々ジャストで穿ける様になるちょっとした目安で、もはやA.P.C.ジーンズのサイズ選びのテンプレになっている事かと思う。

でも僕の場合、一年前に試着した際は27インチはボタンが全て閉まった上に、ウェストにもまだ余裕があったので、当時は少しユルいと判断し、ネットで26インチを購入した。ユルいのは嫌だと思ったので、小さい方のサイズを選んだってワケ。

しかしこれが小さ過ぎたのだ。

もし26.5インチなるものが存在すれば丁度良かったのかもしれないんだけど、当然そんな物は無い。結局26インチは窮屈過ぎて穿くのを止めたので、やはり理想のサイズに近いのはどちらかといえば27インチだった、という事になる。

 

当たり前の話だけど、先にも言った“ウェストボタン上2つが〜”というのはジャストで穿きたい場合であって、少し余裕がある〜大き目サイズで穿きたい場合はこれを基準にすると良い。

僕も冒頭でも言った通り、もう一年前とはサイズ感の好みが変わっていて、今はタイト〜ジャストよりも少しだけユルく、腰ばき出来る位が丁度良いかなと思っているので、ここからの穿き伸びを考えると、このサイズで穿き続ければ良い感じで腰穿き出来るサイズに落ち着くかなと思っている。なので今回は27インチで間違いない筈だ。

色落ち云々よりもまずは自分のスタイルや好みに合うフィット感を選ぶ事が大事なのではないか。

 

何が言いたいのか分からなくなって来た。

 

まぁ、要するにちゃんと試着し、吟味してから買おう!みたいな話だ。

 

 

 

 

【A.P.Cジーンズの魅力】

 f:id:zippojean:20180114185329j:image

それにしても僕は何でまたA.P.Cを買い直したんだろ。他のメーカーでも良かったのでは?

 

僕が思うA.P.Cジーンズの魅力・購入理由は、やはりそのクリーンかつシンプルなバランスの取れた見た目と、レプリカ系やアメカジ系ブランドのソレとは違う洗練されたシルエット。尚且つ色落ちにも定評があり、サイズレンジも広い。そして何と言ってもリジッド穿き出来る点。

既存のブランドでここまでクールなジーンズを作るメーカーを僕はA.P.C.以外知らない。

 

後、また同じ物が買い直せる。

 

地味にコレが結構デカい。

今回の様にまた新しいのが欲しいと思っても、LVC606や、501sの様に廃番になってしまっては当然買い直すのは無理。

気に入った物は潰れる度に何度も同じ物を買い換えたいので、いつでも定番として存在してくれる商品は本当に有難い。

こういうのって(特に自分が気に入った物の中では)意外と無いんだよな。

長い間大きな仕様の変更が無く、愛され続けている定番商品にはやはり“また買い替えれる”という大きなメリットがあるように思う。

 

そういう点ではリゾルトなんかもデザイナー自身がそういう商品を目指していると言っているので、大きな魅力を感じる。

 

 

f:id:zippojean:20180211115254j:image 

さて、新たなプチニュースタンダードを穿き始めるのはいつになるだろう。

 

まだ決めていないけど、その時が来るまではしばらくクローゼットの留守番係にしよっと。