ZIPPOJEAN

Zippo , Jeans , etc…

Zippo開閉音の調整に挑戦!【前半戦】

f:id:zippojean:20170709135536j:image

僕はジッポーに変な改造傷が付くのが嫌なので、基本イジらない派だけど、ジッポーについてブログを書いているのにも拘らず、このテーマに触れないという事は“逃げ”に他ならないので、今回は思い切って挑戦してみる事に。

本来、音に関する事なので動画でやるべきなんだろうけど、何だか面倒なのでやり方と画像、そして感想を書いていく。

 

初めてやる方は(僕も初挑戦なので)参考までにご覧下さい。

 

因みにタイトルはダジャレではない。

 

用意した道具は

f:id:zippojean:20170709134119j:image

・1.2mmの真鍮とステンレスの釘2種類

・やっとこ(ギザ無し)

・ピン抜きに使う先の尖った物

・ヤスリ

・(写真には無いが)ラジペンかニッパー

とまぁ、どれもホームセンター等で安く調達出来る物。 

金槌か木槌があった方がいいかな…まぁ今回は無しでいく。

 

そして今回挑戦するのはこの4つ。

1・カムクリップ(リッド内部のコの字パーツ)の位置調整。

2・ヒンジピンの交換。

3・ヒンジのかしめ。

4・カムを削る。

 

で、今回用意したジッポーはコレ。

f:id:zippojean:20170709120630j:image

Street Chrome Zippo

ストリートクロームと言うモデルでバレル加工のジッポー

一番安くて定番のモノを選ぼうと思い、レギュラーのブラッシュクロームにしようと思っていたんだけど、普通過ぎてどうも購買意欲をそそられなかったので、値段もほぼ同じの以前から気になっていたコイツをゲット。傷も目立たないし、尚良し。

 

普通にかっこいいのでイジるのは気が引けるが、万が一失敗してもリスクは少なくて済むし、成功すればお気に入りの一つになる。ただ、失敗する気は微塵も無い。

 

伸るか反るか。

 

f:id:zippojean:20170709142549j:image

 

 

まず肝心のデフォルトの音だけど、皆さんご想像通りの、良くもなく悪くもないザ・普通の音。

理想としてはShop2のチューニングジッポーの音(知らない人はYouTubeでご確認あれ)を目指す。

まぁ素人がアレを目指すのは難しいだろうが、音質改善を試みる誰もがあの「キーーン」という伸びのある、まるで金属製の打楽器の様な音を追求しているハズ。

 

僕もそこに行く。

 

では始めよう。

 

【第一段】

カムクリップの位置調整。

f:id:zippojean:20170709124754j:image

実はこれは既にいくつかのジッポーで実践済み。

何故ならこれが一番手軽でローリスク、それなりの効果があると思っている。

やり方は実に簡単。

蓋内部のコの字パーツをほんの少し広げる。これだけ。写真では右上に広げる形になる。

調整と開け閉めを数回繰り返し、自分がココ!と思う所を見つければOK。

注意点は広げ過ぎると蓋が閉まらなくなる。が、元に戻せば済む。

あんまりイジくり回すとパーツが折れる可能性があるが、多分そんな事にはならない。

音がどうも気に入らないけど、改造はしたくない…という方にオススメ。

一瞬で出来るし、表面に傷が付く心配も無い。これだけでも十分音は改善される。

 

【第二段】

ヒンジピンの交換。

f:id:zippojean:20170709125335j:image

ヒンジのピンをホームセンター等で売っている釘1.2mmの物(両端はカット)に交換する。

既に入っているピンよりも少し太いピンに交換する事により、音が変化するというもの。

 普通は真鍮釘を使うみたいだけど、違いを確認する為にステンレスの釘も調達。

後は

f:id:zippojean:20170709130634j:image

慎重に…

f:id:zippojean:20170709131119j:image

既存のピンを抜き、

f:id:zippojean:20170709131643j:image

釘をピンと同じ長さに合わせてカット。

f:id:zippojean:20170709131857j:image 

そして挿入。

本来、ここでヒンジをかしめておくのが普通なんだけど、今回はステンレスピンとの違いを確認する為、とりあえず入れ替え作業で済ます。

 

 作業自体はそんなに難しくはない。

とりあえず真鍮釘をセットした感想は、

「僅かに音が良く(大きく)なった?」程度。

 

お次はステンレスピンを試す。

さっきと同じ作業を繰り返し…

f:id:zippojean:20170709132711j:image

完了。

結果、音は真鍮釘と変わらない。

となれば真鍮釘の場合、穴から覗く金色が悪目立ちして気になるので、ステンレス釘でいく事にする。

 

 

ここで前半戦終了。

 

さて、少し一服しよう。

音質はそこそこ改善出来たが、明らかな変化にはまだ及ばない。

 

 後半戦も頑張ろう。

 f:id:zippojean:20170709144202j:image

 〜続く〜

 

 

 

 

 

 

 

Levi's 501Skinny Longday Rigid着用約1ヵ月経過

 f:id:zippojean:20170716140833j:image

プチニュースタンダードを夏眠 & 501sをおろして約1ヵ月になる。

501sをしばらく穿いているけど、時期的に雨の日が多くて501sを休ませる事が結構あった。

というかジーンズ自体穿かない日が割とあって、プチニューはさっきも言った通りお休み中。LVC606は15オンスもあり、日中クソ暑い。501sは以前、雨が降った時にシャツやスニーカーに激しく色移りしてしまったので、避けがちだった。

と言う訳でおろして1ヵ月は経過したものの、メインはジーンズでは無く、チノパンを穿いていたという何とも情け無い報告をする羽目になってしまった。

なのでジーンズの着用時間は殆ど伸びておらず、変化は皆無。 

完全に501sをおろすタイミングをミスった。まぁこれも経験なのかね。

一応写真を貼っておくが、ほぼ変わっていない。

 

f:id:zippojean:20170716110219j:image

ほんのりシワが…見える。

f:id:zippojean:20170716110541j:image

着用時間はおよそ60時間。

 f:id:zippojean:20170716141018j:image

前回も言ったかもしれないが、ウェストがガバガバになってしまい、相当腰パン(もはや尻パンレベル)になる為、ベルト着用&裾2回ロールアップで穿いている。変なクセが付かないといいけど…

 

それにしてもこれからどんどん暑くなっていくのに、こんなゴワゴワのズボン穿けるのか…

 

意地でもジーンズ! or 無理せず短パン!

 

この葛藤から抜け出せない今日この頃でした。

 

 

 

 

 

 

 

Antique Silver Plate Armar Zippoについて

f:id:zippojean:20170703083435j:image

銀メッキにバレル加工を施し、(変色を防ぐ為?)クリアコーティングされている。

バレル加工物は最近のお気に入り。

 

ではバレル加工とは…

容器(バレル)に被研磨物と研磨材を入れ、バレルの運動により研磨する方法。これにより、独特の質感が表現出来るというモノ。

これは指紋が目立たない、見た目が渋いという素晴らしい加工。

f:id:zippojean:20170703083512j:image

パッと見、艶消しでザラザラしてそうだけど…

f:id:zippojean:20170703083722j:image

先程も言った通り、クリアコーティングされていて艶感があり、手に良く馴染む。

f:id:zippojean:20170703083612j:image

手前のロゴがケースに映っているのがお判りだろうか。

f:id:zippojean:20170703084552j:image

渋い。

 

完全に余談だが、僕はショートホープを吸っている。

“余談終了”

 

これまでバレル加工物はプリント入りしか買ってなかったんだけど、たまたま無地の、しかもアーマーで発見!

これは買うしかないでしょう…

 

普段はブラスのハイポリッシュアーマーを使っているんだけど、他にも普段使い用を探していたのでコイツは本当にドンピシャ。

やっぱり普段用は無地に限る。

デザインやプリント物も良いけれど、どうしてもキズやプリント剥がれ等が気になってガンガン使い難い。その点コイツはキズが入っても目立たないし、見ていて飽きない。何よりカッコイイ…。

 

そしてもう一つ、コイツは開閉音が良い。

今まで買った中でダントツ良い音がする。さすがに某お店2のチューニングジッポー等とは比べ物にならないが、デフォルトでここまで良いのは初めて。

勿論個体差があるし、このモデル全てが良い音かどうかは確認のしようが無いので、断定は出来ないが。

 

 

f:id:zippojean:20170703085234j:image

とにかく、これは間違い無く今まででトップクラスのお気に入り。

 

 

 

 

Can't Fix STUPID Zippoについて

f:id:zippojean:20170707002344j:image

意外にもこれが初のブラックマット。

 

黒地に白でCan't Fix Stupid(馬鹿は治らない)という中々キツいメッセージ入り。

 

f:id:zippojean:20170707002444j:image

黒と白のコントラストが最高にクール。

これが無地のブラックマットだったら絶対買って無かった。白文字ありき。

で、STUPIDのPが反転になっている。

一応際どい単語を濁したつもりなのだろうか。

f**kみたいな感じかな。分からんけど。

こういうメッセージがデカデカと入った物は今まで無かったのでかなり新鮮。

 

手触りは以前紹介したレッドマット同様サラサラしていて、手がカサカサの僕はつい落っことしてしまいそうになる。

 

 

製造年は2015年1月。

結構新しい。

 

コイツは安かったけど僕のコレクションの中でも相当お気に入り。

 

ってこれ、ホント毎回言ってるな…

 

“Can't Fix Stupid”

 

どうやら僕の事だったようです…。

 

 

 

 

 

 

 

Old News Paper Finish Zippoについて

f:id:zippojean:20170705082508j:image

オールドニュースペーパーフィニッシュ(ONP加工)と言って日焼けした古新聞のような色合いが特徴。

ONP加工物は幾つか種類があってこれは昔のパッケージデザイン。

 

第二次世界大戦時に使われていたボックス柄で、所謂ミリタリーボックスと言われている。

f:id:zippojean:20170705082641j:image

f:id:zippojean:20170705082655j:image

写真のボックスは復刻版の物。

比べると良く出来ている。

ZIPPO

Windproof

LIGHTER

の書体が少しづつ違う。何か良い。

 

購入前、僕はオールドニュースペーパー加工とあるだけに、勝手に艶消しだと思っていたんだけど、艶ありだった…。

f:id:zippojean:20170705151251j:image

でも渋い風合いが何か良い。

 f:id:zippojean:20170705151053j:image

そしてLIGHTERの文字がボトムとリッドをまたいでいるのが、これまた何か良い。

f:id:zippojean:20170705151121j:image

製造年は2005年12月。

 

 

 

何か良い。

 

 

 

このジッポーは…何か良い。

 

 

 

1960年代オールド広告デザインジッポーについて

f:id:zippojean:20170705082051j:image

説明不要。

タイトル通り、当時のジッポー広告が色々トリミングされているナイスな逸品。

 

これは他にも30、40、50、70年代モチーフがあり、少しづつデザインが違う。

僕はこの60年代デザインが一番好きだ。

 f:id:zippojean:20170705082114j:image

The 炎 60'sのロゴが小さいけどワンポイント。

f:id:zippojean:20170705082139j:image

f:id:zippojean:20170705082339j:image

僕には珍しくハイポリッシュクローム

けど、半分はプリントで隠れているのでハーフハイポリッシュ(勝手に命名)である。

 f:id:zippojean:20170705082245j:image

製造年は2007年4月。

僕のコレクションの中でもちょっと異色のデザインで中々目を引く存在。

爪が汚い。

 f:id:zippojean:20170705082212j:image

あ、因みに何故か分からないが、このシリーズは箱が少しオシャレ仕様になっている。

 

 

Windy Candy Apple Red Zippoについて

f:id:zippojean:20170705080847j:image

僕にとって二つ目のウィンディ。

と言ってもウィンディの面積はかなり小さい。

炎のロゴの中にウィンディ。

ジッポーの女神”の文字。

 f:id:zippojean:20170705080927j:image

これはキャンディアップルレッドと言う塗装で、リンゴ飴のような質感、見た目。

無地バージョンもあり、そっちはほぼリンゴ飴である。

f:id:zippojean:20170705080906j:image 

漂うリンゴ飴感。

因みに色違いのシリーズがあり、

f:id:zippojean:20170704211835j:image

他のキャンディカラーのジッポーも存在する。でもはっきり言って、赤以外はパッとしない(実物を見た。)

 

で、このウィンディの柄は多分プリントではなく、この部分だけマスキング?で塗装がされていないような感じ。

何かこの部分から剥げて来そうな匂いしかしない。

 

f:id:zippojean:20170705081145j:image

製造年は2006年6月。

f:id:zippojean:20170705081244j:image

 

 レッドマットとはまた違う良さがある。

やっぱ赤いジッポーは良い。