zippojean記

Zippo , Jeans , etc…

Highpolish Brass Armar Zippoについてpt.2

f:id:zippojean:20170724004500j:image

以前使っていた物が余りにもボロボロ過ぎてお世辞にもカッコイイとは言えない風体に成り果ててしまったので、実は密かに買い替えていたブラスポリッシュ。

やっぱり新品の輝きは眩しい。

こんなピカピカだったっけか?

 

初代はかなり損傷が激しく、もはや経年変化ではなく単なる劣化に過ぎず、ブラスの持ち味であるくすみや、色の濃淡を楽しめなかった。

地面に落としてしまったり、小銭や鍵と一緒にポケットに入れたり、何かよく分からない汚れが付いた時もステンレスタワシでゴシゴシやったり、そんなことしてたらまた落っことしたりと、とにかく相当雑に扱っていた。

なのでコイツは出来るだけ綺麗に、というか気を使うつもりは無いけれど、自然なブラスの変化を楽しむつもり。

 f:id:zippojean:20170727010720j:image

鏡面仕上げは敬遠しがちだけど、ブラスに関しては鏡面の方が良い。

表面の独特の変化もブラスポリッシュならではだし、手に吸い付くようなしっくり来る感触はやはり鏡面ならでは。

ブラッシュやバレル加工物は、表面に凹凸がある為、手に接触する面積が鏡面よりも少なく、サラっとはしているがよく滑ってしまう印象。

まぁどっちが優れてるって事でも無いけどね。好み。

 

 

で、約2週間使用したのがこちら。

 f:id:zippojean:20170727005757j:image

f:id:zippojean:20170727005804j:image

ブラスってこういう変化をするんだ!っていうのがようやく味わえた気がする。

まだツヤ感は残っていて多少指紋は目立つけど、ぼちぼち良い感じに黒ずんで来そう。

やはり角の部分はよく擦れる為、黒ずみは無く、平面部から変色が始まっている。

これを待っていた。

このコントラストこそ真鍮無垢の醍醐味である。少しずつだけど、変化していく表情が楽しい。

 

 

…で、やっぱりこれもやりました。

完全にチューニング中毒です。  

f:id:zippojean:20170727005824j:image

アーマーは初挑戦だったんですが、やはりヒンジ付近に多少キズが入ってしまいました。これに関しては只今良い方法を模索中。

でもまぁどうせすぐにキズまみれになるっしょ。(と自分に言い聞かせています…。)

で、やっぱアーマーは音がハンパなく素晴らしい。

 

『キュピーーーン!!』

 

みたいな。

 

すいません、若干誇張しましたが、デフォルトの音からは比べ物にならない位高く、伸びのある音に変わったという事です。

 

 

しかしこりゃ一度やると抜け出せないな。

 

ただ、アーマーは音の劣化が早いような気がするがどうだろう?

理由は多分、ケースが重たい分レギュラーよりもヒンジに負荷がかかる為か、もしくは僕のヒンジの調整が甘かったのか。それか無駄にキュピンキュピンやり過ぎてるのかな…。

もしチューニングジッポー(アーマー)を使っている方が居たら情報頂けると助かります。

とりあえずヒンジがヘタったらまた調整するの面倒だなーと思ったり思わなかったり。

 f:id:zippojean:20170725004606j:image

何はともあれこのハイポリッシュブラスアーマーは最もスタンダードなジッポーの一つであり、永遠のマスターピースだ。

いつでも僕の中で不動のNo.1で居てくれる。

失くしても、壊してもまた同じ物を買おうと思えるのはコイツだけだし、初めてジッポーを買う人にも是非オススメの一つである。