zippojean記

Zippo , Jeans , etc…

マナーの良い喫煙者とは?

f:id:zippojean:20170909181315j:image

僕の職場は大阪中心部のオフィス街にあるんだけど、ふと見渡してみるとタバコのポイ捨てが結構多い事に気がつく。

大企業の本社ビルが建ち並び、ビジネスマンが行き交うこの街でだ。

 

吸殻は割とそこら中に転がっていて、喫煙者の僕ですら不愉快になるレベル。タバコを吸わない人からすればさぞ怒り心頭の事だろう。

一昔前は至る所でタバコが吸え、ポイ捨ても今より咎められる事では無かったという悪しき習慣が、もしかすると今も喫煙者の間で脈々と受け継がれているのかもしれない。

けれど当然そんな事はポイ捨てを正当化する理由にはならない。

常識を持っている筈の大人が集まるこの場所で、常識はどこに行ってしまったのか。

 f:id:zippojean:20170909183502p:image

そんな訳で、何で喫煙者はマナーが悪いのか、というかマナーの良い喫煙者って何?みたいな事をぼんやり考えていたら、先日こういう記事を目にした。

 

 “「非喫煙者の遭遇する喫煙者がマナーの悪い人ばかりに思えるのは、マナーの良い喫煙者は非喫煙者の前では吸わないから。非喫煙者に喫煙者と認識される時点で、第一選抜を通過してる」”

 

“そもそもマナーの良い喫煙者は非喫煙者の目に映らない。”

 

一見成る程と思ってしまう理屈。

 

だけどよくよく考えると、ホントにそんなヤツいるのかな?と思うのが正直な感想。

 

雨にも負けず、風にも負けず、常識のある心を持ち、決して人前ではタバコを吸わず、身体からはタバコ臭無し。誰にも迷惑をかけず、喫煙する時は自慰行為の如く完全個室一人きりの時しか吸わない人。そういう人を私は見た事も聞いた事も無い。

 

我こそはと言う方はご一報下さい。

 

因みに僕はと言うと、一応周りには気は使っているつもり。つもりね。

自戒の念込めて言うと、相応しくない場所では吸わないだとか、ポイ捨てしないだとかそんな感じ。

だけどそんなものは所詮申し訳程度に過ぎないし、自分の意識外で多かれ少なかれ誰かに迷惑はかけている事だろう。

携帯灰皿持ってるからって全ての免罪符にはなり得ないし。

 

なので、マナーバッチリの出来た人間てのはそもそもタバコなんかには手を出さない筈。

結局マナーの良い喫煙者なんて最初から存在しないのだ。

f:id:zippojean:20170909202703j:image

自分は子供の頃、タバコを吸う大人の事を自らの寿命を縮める馬鹿な奴、害を撒き散らす迷惑な奴らだと思っていた。自分の欲望を満たす為に所構わずスパスパやって終わればポイ。ゴミはお前達だろ、と。

だけど、いざ自分が喫煙者になってみるとそんな事はすっかり忘れ、何で吸っちゃいけないんだ?とまで思うようになる始末。

タバコを吸っていると、吸って無かった頃の感情など、脳の片隅に追いやられてしまうみたいだ。

 

f:id:zippojean:20170909202400j:image

コイツは…まぁ、例外かな。

 

とにかく喫煙者と非喫煙者の争いは、どう考えても喫煙者の分が悪い。

自分の素行の悪さが自分達の居場所を消していっている事にそろそろ気がつくべきだろう。

 

人の事を偉そうに意見する立場では無いけども、余りにもマナーの悪い大人達は自分がかつて喫煙者では無かった頃の記憶を少しは思い出すべき。

 

文句を言われ、周囲に散々気を使わなければならず、自らの身体を蝕むと分かっていても尚、愉しみたい嗜好品ならば、それはそれで良いのかなと僕は思う。

最低限のルールを守っていたらの話だけどね。

f:id:zippojean:20170909200152j:image