zippojean記

Zippo , Jeans , etc…

Levi's 517の思い出

f:id:zippojean:20171008005012j:image

20代前半頃、古着が好きだった。

 

だったというか今も好きだけど、それは別に古着に関する知識あって、俺はヴィンテージに詳しいぜ!とかではなくて、何となくその雰囲気とチープな価格に魅力を感じていた。

現在では自分に合うサイズを探すのが面倒という理由で(まぁそれも古着の楽しみの一つでもあるけど…)購入する事はほぼ無くなってしまった。

けれど、たまにフラッと古着屋さんに立ち寄ると、あの独特の埃っぽい匂いと、ヤレた服達がキレイに陳列された妙な空間にいい歳になった今でもやっぱりワクワクしてしまう。

 

 f:id:zippojean:20171007185941j:image

古着のジーンズと言えば勿論501な訳だけど、古着でジーンズを探すならば少しでも色落ちにメリハリのあるジーンズを求めるのが男の性というモノ。

値段が手頃なレギュラー品はどうしても上の写真のような、良く言えば全体が色落ちした綺麗なブルーの物になってしまう。501で鬼ヒゲなんて、それなりに値段が張るし、ヴィンテージ且つゴールデンサイズであれば到底手が出る代物では無い。勿論価格は製造年や状態にもよるが、先程も言った通りその辺の細かい知識は無いので悪しからず。

 

で、当時僕が目をつけたのが517。

f:id:zippojean:20171007190054j:image

通称サドルマンと呼ばれたジーンズは股上深めで、膝辺りは若干絞れ、裾にかけて僅かにフレアしているシルエットで、ゴツいブーツを履いても裾がもたつきにくい。

タイトに穿くというのが流行りだった為か517に関してはクッキリした色落ちの個体が多く、更にブーツカットは古着市場で需要が少なかったからか、比較的安く手に入った。

 

元々ペインターパンツの様なドカっとしたシルエットにブーツを履くスタイルが好きだった僕は、ストレートとはいえ若干テーパード気味の501がどうもしっくり来ず、かと言って646等のベルボトムみたいな極端なフレアでは無い控えめな517をインチアップして穿くのが気に入り、以来古着のジーンズは517ばかり所有していた。

 

↓イメージ

f:id:zippojean:20171007190212j:image

 f:id:zippojean:20171007193018j:image

このサイズ感、シルエットがたまらない。

 

しかし一体いつからだろうか、いや、今考えればもっと以前からだったかもしれないが、ブーツカットは時代錯誤の象徴の様に言われ、ダサい・古い・キモいの三重苦で、もはや絶滅したと言われる様になって久しい。

だけど、自分としてはブーツカットがここまで爪弾きにされる理由が分からない。

 

僕はブーツカット、もとい517が好きだ。

 

流石に646とかは実用的ではないかな。

ただもし穿いている人を見かけても、ダセーなアイツwとはならないし、逆にテーパード全盛の今、ブーツカットを穿くというのも反体制・自由の象徴だったジーンズらしくて良いかもしれない。

 とか言いつつ、自分が現在所有しているジーンズは全てテーパードタイプっていう説得力の無さに自分でもまぁ驚きだ。

 

 f:id:zippojean:20171007193332j:image

所で何で今更517の話題なんだよって思われるかもだけど、それは最近リーバイスからオレンジタブが復刻(というよりリマスター?)したから。その中になんとリジッドの517が。

店頭で見た時は目を疑ってしまった。

ブーツカットの517をリジッドで出すってどう考えてもヤバい試みな気がするけども。

だけど、USラインでは普通に赤タブ517のリジッドが売ってるっぽいので、この辺は良く分からないなぁ。


少なくとも僕はめっちゃ気になってしまっているが。

 

 でも買うとしたら大きめサイズで穿きたいし、そしたらアタリが付きにくいかなーとか思い始めてきて、古着を買うかリジッドを買うか現在思案中。

 

多分古着を買うだろうな。

値段的にも、色落ち的にも古着を買う方が幸せになれる気がする。

但しやはりネックはサイズ。

まぁこればっかりは良い出会いがあればの話か。

 

とりあえず次の休みは久々に古着屋さんにでも行ってみよっと。

 

ポケットに20ドルだけ入れてね。

 f:id:zippojean:20171007194406j:image

って足りねーだろ。