zippojean

Zippo , Jeans , etc…

Vintage Zippo

f:id:zippojean:20180113124034j:image

ヴィンテージジッポーの紹介。

 

これまで再三ヴィンテージには興味が無いだの、高過ぎて買えないだの、細かいディテールとかどうでもいい等と言っていたけれど、レギュラー品で欲しいモデルはある程度揃ったし、そろそろヴィンテージ物が気になる。

てな訳で、その足掛かりになるのがコイツ。

 

色々物色する中で直感的にコレだ!と思い購入。

 

元々中古品には何の抵抗も無いし、むしろこういうヴィンテージは大好物。

今回割と安く古い年代の物が手に入ったので、早速見ていこう。 

 

f:id:zippojean:20180113164012j:image

f:id:zippojean:20180113121531j:image

ASAM  Wall Papers

 

企業広告物。昔の壁紙メーカーかな?

表に柄がエッチングされていて、裏は無地だけど、下地の真鍮が露出している。局所的に剥げている所も勿論だけど、全体的にメッキは薄くなっていて、角度によっては大分金色がかって見える。

擦り傷や何度も落としたであろう小さな凹みがあちこちにある。

 

とまぁ、ざっくり見て貰ったら分かる通り、安く手に入った理由は状態とリペアの多さ。

この年代でオリジナル・未使用・箱アリのデッドストックなら凄い値段だったんだろうけど、まぁ古いモノだし仕方ないか。

リペア箇所は、おそらくフリントホイールのリベット・カムとそのリベット・ヒンジも交換されている。オマケにメッキは剥げて、箱なしというTHE中古品。

だけど、僕的にはそれで値段が大幅に下がってくれるなら大歓迎。

むしろそれも味だと思えるし。

 

 

製造年についてはそれ程古く無い物に関して言えばボトムコードを見れば判別可能(年代別ボトムコードの見方についてはまた今度まとめるつもり)だけど、ある年代以前になるとボトムに製造年が刻印されていない。

 

ではどうやって年代を特定するか。

 

ジッポーは初期のモデルこそ今とは違うけれど、基本的な構造・外見の変化はほぼ無い。

ただ、細かな部分でマイナーチェンジは繰り返されていて、そこで年代を見分ける。

f:id:zippojean:20180113130602j:image

とはいえ、まずはボトムコードを見る。

先程も言った通り、新しいモデルの様に製造年の刻印は無いが、このスタンプは1946〜53年の間に製造された物。

f:id:zippojean:20180113131659j:image

次はインナー。

これはそれまで14個だったチムニー(風防)の穴の数が16個になり、ホイールステイの形もそれまでの半円型とは異なり強化された物になっている1947年以降のインサイドユニット。

 f:id:zippojean:20180113153914j:image

勿論ヒンジも年代を特定する材料だけど、交換されている為に何とも言えない。ただ、リペアされている為に動作はすこぶる良好。ガタつきも無いし、気分も良好。

 

f:id:zippojean:20180113161003j:image

更に、1952年からは朝鮮戦争の影響で真鍮が不足し、ケースの素材がスチールになっていた。このジッポーのケースはブラスにクロムメッキがされているので、それより前の51年までのモデルという事になる。

という訳でこのジッポーはおそらく1947〜51年の間に製造された物だと推測出来る。

もっと細かい事を言えば、ボトムスタンプの文字の書体や間隔、フリントホイールの歯の形状等で判断出来るみたいなんだけど、なんせこの年代はジッポーにとって細かな仕様の変化があった過渡期と言うか、本当にややこしい時期なので正直もうよく分からない。

 

それにしても実に約70年前のジッポー

それをいま自分が手にしているなんて実に感慨深い。

 

そしてこの頃には既に現在とほぼ同じ形に落ち着いていたというのも驚き。

その証拠に、

f:id:zippojean:20180113153048j:image

f:id:zippojean:20180113153114j:image

現行のジッポーと比べてもほぼ違いは無いと言える。

これ程長い間、ほとんど形を変えずに愛され続けているって凄い。

手持ちのジッポーの中では断然高かったけど、ことヴィンテージにしては年代の割に安くて、我ながら本当に良い買い物をしたかなと思っている。

 

 

因みに数々のリペアに関しては一体誰がいつやったのかは謎のまま。

 

 

そしてコイツは一体どんな経緯でここまでやって来たのか、何人のオーナーの手を渡って来たのか、それはどんな人だったのかなんて、そういう事を色々想像するのも僕の楽しみの一つ。

f:id:zippojean:20180113161520j:image

これから少しづつヴィンテージジッポーを集めていけたら良いな。

 

後、これにフリントとオイルを入れて使うかどうか本気で悩み中…。