zippojean

Zippo , Jeans , etc…

Vintage Zippo #3

f:id:zippojean:20180309023754j:image

ヴィンテージジッポー第三弾。

 

今回もシンプルな無地ケース。

 

以前の♯1と同じく、ボトムスタンプから大まかに1946年〜1953年製造と思われる物。

f:id:zippojean:20180307155105j:image

このスタンプを持つジッポーには様々なパターンがあり、製造年を特定するのは中々難しい。

正直な所、僕自身も分からない事が多いんだけど、だからこそ、この刻印の年代には惹かれてしまう。

とりあえず見ていこう。

 

 

ケース。

f:id:zippojean:20180307023806j:image

57mmの3バレルブラッシュクローム

ジッポーコレクターの方ならこれで年代はお分かりの筈。

 

まず、1946年〜1947年製はケースの素材がニッケルシルバーで、サイズも58mm。これは内部を見る限りブラスの上にクロームメッキがかけられているので、1948年以降のケースと言える。

 

次にヒンジ。

f:id:zippojean:20180307155307j:image

3バレル。

1949年後期からはヒンジが現行の5バレルに変更されるのでそれ以前の年代という事になる。

因みに、このバレル幅にも2パターンあって、真ん中が長いセンターロングと呼ばれる物と、等間隔の物がある。

これは等間隔。

 

上記の事から、このジッポーは恐らく1948年〜1949年前期製造の物と判断するのが妥当だろう。

 

インサイドユニット。

f:id:zippojean:20180307084437j:image

これ以上年代を特定するのは多分無理だけど、このインナーは良い。

通常ジッポーのインナーはステンレススチールが基本だけど、これはニッケルシルバー製。独特の飴色が特徴的で好きな人も多いと思う。

先程も書いた通り、これ以前はケースにもニッケルシルバーが使われていて、戦争時のブラス不足により、ジッポー社が一時的に用意した素材で、これはその残りをインナーに流用したものと思われる。

 

とは言え、46〜47までとは形状が違う新型のインサイドユニットで、この形は現在までほぼ変わらない。

現行と違うのは刻印・フリントホイールリベット(中空)・カムスプリング(波型)位か。

 

フルニッケル(このモデルよりも古い年代のモデル)も欲しいんだけど、そこまで行くと一気に値段が上がるから中々手が出せないんだよなぁ。

なので今回はとりあえずこれで妥協したとかしなかったとか。

 

 

写真色々↓

 

f:id:zippojean:20180308021923j:image

少し分かりにくいけど、リッドがガッツリヘコんでしまっている。

このお陰?で少し安かったんだけど、それでもリペア箇所の無いフルオリジナル。

 

f:id:zippojean:20180308022104j:image

フリントホイールは斜め歯でリベットは中空。この微妙な違い。正に自己満足。

 

f:id:zippojean:20180308022242j:image

リッドが180°に開くのも何だか良い雰囲気。

 

f:id:zippojean:20180308023214j:image

ニッケルシルバーの質感と3バレルの存在感が何とも言えない魅力をかもし出している。気がする。

 

f:id:zippojean:20180309023931j:image

これでしばらくは酒が飲めそうだ。